皆様、ご機嫌如何ですか?メイク研究家の智恵子で御座居ます。
わたくし、メイクで以って美女に見間違えられる技術を
研究開発して居る者で御座居ます。
唐突ですが、このところ、これまでに皆様から頂戴したご質問にお答えして居ります。
カテゴリの答えてみますにて鋭意更新中です!

さて
今回のご質問は、
メイクでケバくならず綺麗になれますか?
です。
これはもっと正確に書くと、
メイクしたいんですけど、でもケバくなるのは絶対イヤなんですけど、
でもぶっちゃけ綺麗にはなりたいんですよね~
ですとか、
ケバくなるからメイクって得意じゃないんですけど、
綺麗に見えるメイク法ってあるんですか?
ですとか、
私メイクするとケバくなっちゃうんです!絵が下手だからですかね?
ですとか、凄くバリエーションに富んで居るので、簡潔にさせて戴きました。
そして、お答えも簡潔にさせて戴きますと、
はい!!
になります。

皆様の仰る「ケバい」と、わたくしの考える「ケバい」とが
完全に一致して居るとは思いませんが、
わたくしなりのケバいメイク回避法を書いてみようと思います。

まず、わたくしの考えるケバいメイク=何だか物凄く濃く見えるメイク
かなと思いますので、これを避けるには、何でも厚塗りしないに限ります。
そして、ポイントメイクにダークな色を使わない事です。
アイシャドウを塗ると、化粧してます!って感じになっちゃうから苦手です
と仰る方のアイシャドウって、大体ブラウン系かグレー系です。
同様に、
口紅を塗ると何かおかしく見えるので苦手です
と仰る方の口紅って、マットな赤やブラウン系だったりするので、
場所は問わず、肌からかけ離れた濃い色のアイテムは避けるのが吉です。
と云う訳で、黒色のリキッドアイライナーでバシッとアイラインを引く
なんて事も、勿論止めましょう。
これは特に、おかしな位置に引いてあると、ケバいを超えてオカルト的で怖いです。
あとこれは、ついわたくしもやりたくなってしまうのですが、
マスカラの重ね塗りはほどほどにしましょう。
この他に出来る事としては、ベースメイクですね。
先程、厚塗りに就いて注意を促しましたが、
塗るもの=アイテムと塗る位置にも気を付けて下さい。
例えば、
透明感を出す為にブルーのコントロールカラーを顔全体にしっかり塗ってから
ファンデーションを塗ったとします。
この結果、可能性として考えられるのは、顔全体が白く浮いて見える
と云う事がありますが、それだけならば本人にも認識可能です。
問題は、他人からの視点です。
それを踏まえた上で、わたくしが気になるのは鼻の下・口周りです。
何故なら、不必要な青みが透けて見える所為で
あ~あの人、濃い髭を一生懸命剃ってメイクで頑張って隠してるのね
と云うふうに見えてしまうからです!
いまコレを読んで笑ってらっしゃる方は特に気を付けて下さい!
メイクって、目の錯覚を利用して居る技が多いので、
無い筈のものが見えてしまう事だってあるのですよ。
ですから、この現象は良いほうに仕向けるしかありません。
どうやってやるのかですって?
それはもう、元々持って居るものを活かすと云う事に尽きます。
その逆の事をすると、ケバいメイクになってしまうとも言えますし、
要するに、
元々持って居ないものをメイクで作り出そうとすると超絶へんな顔になる
のだとわたくしは思います。





[PR]
by chiekoshiki | 2017-04-10 02:22 | 答えてみます

綺麗な肌の話

ところで、そもそも、綺麗な肌ってどんな肌なのでしょう?
つるつるで、すべすべで、ぷりぷりで、もちもちで、
真っ白で、肌理がこまかくて、張りがあって、
何のトラブルもなくて、みずみずしくて、毛穴が目立たなくて・・・
などと、理想を挙げたらキリがないですよね(笑)。
それに、理想や憧れには、趣味や個人差と云うものが大いにあります。
そこでわたくしは、
綺麗な肌=健康な肌だと考える事にしたのです。
健康な肌とは、つまり、
肌が本来の力を発揮して、きちんと役割を果たして居る
と云う事だと思うのです。

では、肌本来の機能が何かと云うと、それは、
内臓や筋肉など内部にあるものを守る
と云う事です。
肌の細胞は、内側で作られ、
表面に押し上げられるようにして入れ替わっていきますから、
目に見えて居る肌(皮膚)の表面と云うものは、
細胞のいちばん最期、死ぬ間際の姿なのです。
しかも、数値で表すと、その薄さはたったの0.02ミリなのだそうです。
それを綺麗だの健康だの、美肌だの汚肌だのって、
わたくしたちは、そんなにちっちゃな事で一喜一憂して居る訳です・・・
もう、みんな、こんなふうだったら、
何も悩まなくて良いのに!



a0127753_1374759.jpg

さすがに、リアル画像を貼るのは気が引けたので、
「No skin man」と云う名前のホラーマスクの画像にしてみました(笑)。
人間、皮膚がないと、みんなもれなくこんな顔らしいですよ☆
ですが、筋肉に損傷などがあると、こうはいきません。
その場合、表面の皮膚にも必ず影響が及びます。
それは勿論、好くない影響です。
プチ整形などとカジュアルに呼ばれて居る技術も、同じ事です。
そのため、わたくしは個人的には美容整形手術反対派なのです。
ブスこそ、メイクでカバー出来るものです。
長い目で見れば、むしろメイクの方が天然美女に近付けると思って居ます。
そんな考えもあって、わたくしは取り敢えず、
美容外科は勿論の事、美容皮膚科・皮膚科にも頼らず、
メイクをしながら
自力で健康な肌を手に入れる
事を目標として、
実験に取り掛かったのでした。
と、云う訳で、この続きは次回から。


こう云う時に「グロ注意」と書くのは親切なのですか?お節介なのですか?
わ か り ま せ んchiekoshiki@gmail.comでした
[PR]
by chiekoshiki | 2010-10-08 02:55 | スキンケアの事

新興宗教ヤワラカ教

どうやらわたくしは、「やわらかくしましょう」と云う事ばかり
皆様に勧めて居る、と云う事に気付きました。
ですから、ヤワラカ教の教祖なのです、多分(笑)。
あ、ふざけて居る訳ではありませんよ。
前回の様に肌自体をやわらかく、と云う事ばかりでなく、
メイクも「やわらかいタイプ」が好みなのです。

やわらかいタイプのメイクって何ですか・・・??
そうですよね、訳が解らないですよね(笑)。
では、頑張って説明してみます。
たとえば、「モードの最先端な感じ」のメイクは、
ソリッドな印象を与えます。
一部の人にしか通用しない場合も多々ありますし、
何よりも、併せるヘアスタイルもお洋服もかなり限定されますので、
これは「やわらかくないメイク」だと思うのです。
それから、「お人形さんみたいな」メイクは、
プラスティックな印象を与えます。
これも、併せるものを限定してしまうタイプのメイクですが、
いちばんの問題点は、却ってアラが目立ってしまうと云う事なのです。
当然、生身の人間が「お人形さん」を目指してメイクする訳ですから、
迂闊にやってしまうと、単純に
他人から、お人形さんみたいだねと言って貰いたい「人」
にしか見えません。
最悪の場合、「只の厚化粧な人」にしか見られないため、
日常的に取り入れるのには、非常に危険なタイプのメイクだと言えます。
よって、これも「やわらかくないメイク」だと思います。
そして、街でよく見掛ける
「アイメイクに思い切り黒をフィーチャーしたメイク」ですが、
これは、パンクスか70年代マニアでもない限り、
はっきり言って威嚇にしか見えませんので、
全く「やわらかくないメイク」です。

どうでしょう?だんだん解って来ましたか?
要するに、
個性を覆い隠してしまう様なメイクは
やわらかくない

と云う事なのです。
実際、化粧品は肌に塗るものですが、塗り込めて全てを覆い隠す事が
その役割だとは思いません!
そんな風にしか考えられない人は、とっても頭のかたい人です。

一体、何のために、世の中にこんなに沢山の化粧品があるのでしょう?
それは、ひとりひとりの人が自分で選択出来るため
だと、わたくしは考えて居るのです。
「綺麗」も「可愛い」も、他人が決める事ではありません。
世の中や他人の言う「綺麗」や「可愛い」に自分を押し込めようとする人、
または、それを正しいものとしか捉えられない人は、
身の程知らずです。
まずは自分の願望や嗜好をきちんと知らなければ、
客観性と云うものも養えないと思うのです。
このふたつのバランスが
上手く取れて居るのが
「やわらかいメイク」
だと、わたくしは思います。

ちょっと頭のかたい人には難しいお話でしたかしら?
と云う訳で、この辺の事はまた追々触れて行こうと思います。
え?
わたくしですか?
勿論、気合いの入った無宗教者です!


そこんとこ夜露死苦DEATH!! chiekoshiki@gmail.comでした。
[PR]
by chiekoshiki | 2009-11-05 00:10 | メイクの事