さて
今回のご質問は、
アイラインを上手く描くにはどうしたら良いですか?
です。
前回と同じく、今回の答えは「ひたすら練習あるのみ」
だと思われた方はいらっしゃいませんか?
残念!それはハズレです。
今回の答えは、
アイラインに対する認識を変えましょう!
になります。

アイラインと云えば
目頭から目尻のキワに沿って途切れなくずっと同じ幅で引くもの
だと思われて居る方が多いがゆえに、
アイラインって難しいので、しないようにしています
とか
アイラインは息を止めて一気に引いてます!
とかとか、不思議な事を言い出す方が後を絶ちません。
何故わたくしが、そう云った意見を不思議扱いするのかと申しますと、
アイラインとは目のフレームを強調する為だけの技
だと捉えて居るからです。
つまり、途切れないライン(線)じゃなくて全然OK、なのですよ。
勿論、遊びっぽいメイクや、晴れ舞台的なメイクの場合には、
リキッドアイライナーでばっちりラインを描いて楽しんで良いと思うのですが、
普段のメイクではお薦め出来ません。
目よりもアイラインが目立ってしまったら、何の意味もないからです。
生まれつきの美女に見間違われる為には、
はっきりしたアイラインを引いてはいけないのです。

では、どのようなアイラインにするかと云うと、
睫毛と睫毛の隙間・粘膜に描く、所謂インラインにするのです。
でも、これを発表すると、
えーーー怖くてできませーん!!!!
と云う方もいらっしゃるので、コツも発表しておきますね。

①邪魔にならないよう、睫毛はビューラーでしっかり上げておく
②鏡は下からあおる位置にし、顎を上げて目を見開いて
③上睫毛の根元の粘膜部分がきちんと映るようにする
④柔らかいペンシルアイライナーを下から③の部分に当てて
⑤優しく左右に振って色をつけていく

※ペンシルアイライナーは
 黒色だとどうしてもべったりと不自然な感じになってしまうので、
 ブラウンベースの色を選ぶのもポイントです。

と、コツはこんな感じなのですが、
初代・貞子(©リング)のつもりでやってみるとやり易いと思います。
って、あの方は睫毛が無かったですけども。
この例えが通じる方が、いらっしゃると好いのですが。
まあ、ホラー映画はわたくしの趣味と云うだけで全く関係ないのですが(笑)
目に物凄く近い箇所へのメイクと云う事で恐怖心を持ってしまう方が
いらっしゃると思いますので、もう少し書いておきますね。
不器用または不慣れで怖いと云う方は、
ドレッサーやテーブルなどにアイライナーを持つ側の肘をついて固定して下さい。
ペンシルの太さが怖いと云う方は、たとえば、
メイベリンのマスターライナー クリーミィペンシル スリム N
は、芯の直径が1.7mmと極細ですので、まずこう云ったものから使ってみて下さい。
一重または奥二重で怖いと云う方は、空いて居る方の手の指先で、
瞼のキワを持ち上げて睫毛の根元がきちんと見えるようにして下さい。
いずれにしても、粘膜部分全体を塗りつぶす必要はないので、
描くと云うよりも埋める感じで
ご自分の目のフレームが際立つ加減を見付けてみて下さいね。



[PR]
# by chiekoshiki | 2017-04-25 01:11 | 答えてみます