やっぱり美女が好き

好きな色と似合う色は違う
と云うのは本当でしょうか?
好きな色だったらいつもどこかに取り入れて居るから
そのうち似合う様になる、と云うわたくしの考えは
夢見がちなだけでしょうか?

「ピンクのアイシャドウは目が腫れぼったく見えるから使いません」
なんて言う人が居ますが、間違って居ると思います。
ピンク色が好きではない 又は ピンク色に興味が無い、
が正しい表現だと思うのです。
先に結論を申し上げます。
メイクに於いては、真剣に選べば
どんな色でも大丈夫です!

ですから、メイクには好きな色をどんどん取り入れましょう。
但し、ここで言う「真剣」とは、
色のニュアンスや化粧品の質感を見たり、
使い方や自分の顔立ちを考慮する、と云う事です。
ですから、好きな色があったら、
まずその色にきちんと興味を持ってから、化粧品を探しに行きましょう。
当たり前の事の様ですが、意外と皆様、出来て居ないと思うのです。
と云うのも、化粧品売り場やカウンターに行くと、
新色などそのシーズン一押しのアイテムが必ず魅力的かつ大々的に
並べられて居るために、そこで理性を失ってしまう人が多いのです。
更に、お勧め上手な美容部員の手にかかれば・・・
と云う訳で!
イベント時には、
せっかく買ったのに使い方が解らなくて
眠らせてしまって居るアイテム

の持ち込みも歓迎致しますよ!
事前にメールでご相談下さいね。

学生の頃、パンクファッションに黒い口紅とマニキュアで
学食でカレーライスを食べて居たら、
友人に「すっごくマズそうに見えるよ(笑)!」と言われたのですが、
戸川純さんの著書に
「黒や緑の口紅をつけて楽屋でお弁当を食べて居たら
 周りの人から、不味そう・・・と言われました」
と云う様な記述があったものですから、
当時は「おほほ、コレでわたくしもパンク者ね」などとのたまって
そのままカレーライスを食べ続けた上にアイスクリームまで食べる
と云う暴挙に出たわたくしですが、
いまとなっては、深く深く反省して居ります。

教訓:どんなに黒が好きでも、黒の口紅はやめましょう。
    美女に見えない事はわたくしが立証済みです!

わたくしに限らず、ディーヴォやスロッビンググリスルを聴きながら
丸尾末広や日野日出志を読んで居るパンクの国の王子様だって、
好きなのはやっぱり「美女」です。
ところで、パンクの国の王子様って、一体どこに居るのですか?


わたくしのメイクはイベントで体験出来ます → 終了しました
[PR]
by chiekoshiki | 2009-06-25 09:55 | メイクの事