美容液の話

これまでの記事を読んで、
ああ、守りのスキンケアなんですね~
と思って居る方が大勢いらっしゃるのではないでしょうか?
肌が弱い人に向けて書いてるんですもんね・・・
と、ニラニラして居る方もいらっしゃるかも知れません。

わたくしは、実験を始める前までは、スキンケアに関して
かなりアグレッシヴだったのです。
最新の成分や技術に興味津々で、
基礎化粧品の中で最も有効成分が凝縮されて居るアイテムである
美容液を何種類も使って居ました。
そして、実験を開始し、それらの使用を止めてしばらく経つと・・・
わたくしの肌はとんでもない事になったのです。
ですが、その原因究明に、それほど時間はかかりませんでした。
わたくしは、ナノテクノロジーが駆使された美容液の上に
合成ポリマーたっぷりの美容液を塗り重ねて居たのでした。
これをとても解りやすく説明すると、
肌のバリア機能など無視出来るほど浸透力を持ったものを使った上で、
肌の表面にラップのようなしっかりした膜をせっせと張って居た
と云う事になります(笑)。
その後の汚肌への転落ぶりを考えると、
わたくしの肌のバリア機能は破壊し尽くされ、毛穴など変形して居た
のではないでしょうか、多分(笑)。

知識がないと云うのは恐ろしい事です・・・
笑うしかありません(笑)。
ですが、皆様に
美容液は恐いですよ、使わないほうが好いですよ
などと言うつもりは全くありません。
寧ろ、美容液の使用を推奨したいと思います!
肌が丈夫な人は多少無茶したっておかしな事にはならないので
この際無視します。
もともと美肌の人のアドバイスほど、うんざりするものはありません。
勿論、手作り化粧水を地道に使って肌の機能回復を待つと云う方法もアリ
なのですが、これにはとてもとても時間がかかるのです。
わたくしは実験の結果、ソレを思い知りました。
もう待つのは厭ですわたくしは、いつだってアグレッシヴなのです(笑)!
否、汚肌で居る時間など、
短縮出来るものなら短縮しようではありませんか。
肌の弱い貴方、いま肌が弱って居る貴方、
しょんぼり、めそめそして居る事はありませんよ。
知識を得、実践を経たパンク者の意見を聞いてみて下さい。
選び方と使い方さえ気を付ければ、
美容液は使えるアイテムなのです。

前述の通り、美容液とは、
基礎化粧品の中で最も有効成分が凝縮されて居るアイテムです。
ですが、肌本来の機能をサポートするものぐらいに考えましょう。
過度な期待は禁物です。
以下に、美容液を選ぶ時の注意点をまとめます。

・「ナノ」を始め、「肌の奥まで浸透する」事を謳ったものを選ばない
 浸透力を謳って居るものは、
 肌のバリア機能を破壊する可能性が高いと思います。
 浸透力など、化粧水で良くする程度で充分です。
・全成分表示の最初のほうに
 ジメチコン・メチコン・カルボマー・セルロース・シロキサン
 などが記載されて居るものを選ばない
 これらが代表的な合成ポリマーの名称なのですが、配合率が高いと
 やがて肌表面は手触り好く綺麗なのに肌内部はスカスカ
 と云う事態を招いてしまうので、
 なるべく後ろのほうに記載されて居るものを選んで下さい。
・新しい有効成分が使われて居るものを選ばない
 聞いた事もないような新しい成分は、
 まだまだデータが足りないからです。
・全成分表示の中にAHA・BHAなどが記載されて居るものを選ばない
 これらは角質を剥がす効果がある成分であるからです。
・医薬部外品の表示があるものはなるべく避ける
 化粧品と違って、全成分表示が判りにくいからです。

こんなところでしょうか。
消去法になってしまいましたが、身を守るためには仕方ありません。
比較的安全な有効成分としては、
セラミド・ヒアルロン酸・ビタミンC誘導体を挙げておきます。
やはりここでも、なるべく構成成分の数(種類)が少ないものを選ぶ事です。

最後に、効果的な使い方を書きますね。
クレンジングの話からの続きです。
洗顔(入浴)後、キッチンペーパーで水分を拭き取ったら、なるべくすぐ
3分以内で化粧水をつけます。
手で顔を触って水っぽさが多少落ち着いたら
(浸透する訳ではありませんので、待つ必要はありません)
すぐに美容液をつけます。
決して擦りつけてはいけませんが、
目のまわりまでしっかりつけて下さい。
ちょっと次回予告も含みますが(笑)、
わたくしはアイクリームの使用は推奨しませんので、
特にデリケートな目のまわりにも使用可能な美容液を選ぶ事
もポイントなのです。
それでは、デリケートな皆様のご健闘を祈ります!


でも、まだまだ続くchiekoshiki@gmail.comでした
 
  
[PR]
by chiekoshiki | 2010-11-16 04:44 | スキンケアの事